ANAホールディングスの株主優待レビュー|搭乗優待券と各種割引券

ANAグループ優待券
記事内容には十分注意していますが、間違いや優待内容が変更されている可能性も有ります。企業の開示情報等も必ずご確認下さい。記事の内容は執筆時点のものです。

ANAホールディングス(全日本空輸:9202)の株主優待が届きましたのでご紹介します。

ANA株は、最も有名な株主優待銘柄の内の一つだと思います。公式HPによると、2019年3月31日現在の株主数は約48万5千人で、実に48万人ほどの人が優待をもらっていることになります。

株主優待内容

優待内容は大きく分けて、国内線の搭乗優待と、ANAグループ優待券の2つです。

ANAホールディングスの株主優待
権利日:3月末日及び9月末日
1.国内線の搭乗優待(年2回それぞれ)

保有株数搭乗優待(株主優待番号ご案内書)発行枚数
100株以上1枚
200株以上2枚
300株以上3枚
400株以上4枚 + 400株超過分200株毎に1枚
1,000株以上7枚 + 1,000株超過分400株毎に1枚
100,000株以上254枚 + 10万株超過分800株毎に1枚

2.ANAグループ優待券 1冊

ANAホールディングスは2017年10月1日に単元株式数変更と株式併合を行い、1株(当時)400円×1000株が1株4,000円×100株になりました。実質は変わっていません。

1.国内線の搭乗優待券

ほとんどの人がこちらの搭乗優待目当てだと思います。

ANAの権利確定月は3月末日と9月末日ですが、それぞれの月の権利日に保有している株数に応じて、国内線の搭乗優待が受けられます。

この搭乗優待を使うことで、株主優待割引運賃又は、プレミアム株主優待割引運賃で登場することが出来ます。

2018年9月権利分は、11月11日に郵便で届きました。
2019年3月権利分は、5月10日に郵便で届きました。

ANA株主優待券

※写真は2018年9月権利分

有効期限は1年有るので、年1回のささやかな旅行に使う(まさに私)なら1単元で往復賄えます。
ただ、スーパーバリュー等のほうが安い事もあるのでご注意ください。他の割引運賃との重複利用はできません。
因みにこの「株主優待番号ご案内書」は株主以外も利用可能です。買い取りをしているチケット屋さんも有ります。

2.ANAグループ優待券

ANAグループ各社や提携ホテル利用できる優待クポーン冊子が貰えます。
内容はパッケージツアーの割引券、宿泊割引券や、ゴルフの割引などです。

ANAグループ優待券

この中で私個人的にお勧めなのが、ANA FESTAで使えるお買物10%割引券です。

ANA FESTAは空港内にあるお土産屋さんです。お土産ってどこで買っても定価ですよね。
でも、空港でまとめ買いしてこの優待券を使えば、10%もお得なんです。どこでお土産を買うか迷う、もったいない時間も減らせて一石二鳥です(笑)。

3.番外編 カレンダー

9月末100株保有で翌年のカレンダーがもらえます。

2018年、我が家には、12月7日に郵便で届きました。

ANA優待のカレンダー

上記写真は壁掛け型ですが、卓上型カレンダーも選択できます。

新規株主はデフォルトで卓上型カレンダーになるようです。壁掛け型を希望の場合は、株主専用サイトに登録してそこから変更できます。ただ変更可能期間が夏頃(2018年は5月10日~7月31日)なので、9月の新規株主の1回目は選択できないようです。

因みに2017年末は、株主限定特別販売のカレンダーというのも販売されました。1,300円~5,000円くらいで7種類です。飛行好きな方には良いかも?

おわりに

私は使ったことが有りませんが、お買物10%割引券はANAの免税店でも使用できます。お土産よりも高額そうなので、10%がかなりお得かもしれませんね。

ANA株は優待の使い方次第で高い利回りになるので、空の旅をする人にはお勧めです。飛行機に乗らない人も、優待券をもらったら使わないともったいないので、旅行する口実になってきっと楽しみが増えるのでお勧めです。

タイトルとURLをコピーしました